年に一度見直しされ等級が変わる

自動車保険には等級があります。等級とは、自動車を運転するドライバーがどれほど優良な運転をしているかはかる尺度になるのである。

自動車の運転免許証を取得してから無事故で無違反に近ければ近いほど優良な運転者になる。

頻繁に事故を起こしたり、スピード違反や違法駐車などをしている方は事故をする確率が高いと判断されることとなるが、その都度保険会社が保険金を支払っていたのでは、割に合わないことになる。

事故を起こすリスクが高い人と判断されるため保険料が割り増しされていってしまう制度である。

この制度は通常6等級から新規としてはじまる。

最大で20下は1まである。20になると割引率が60%になります。

保険始期日から1年間無事故無違反であれば来年度の等級は1つあがります。

そうなると、保険料の割引率が数パーセント上がります。

割引率が数パーセント上がるということは、保険料の支払いが数パーセント安くなることになる。

事故を起こしてしまった場合はどうなってしまうのかというと、保険期間1年の場合は、対人賠償保険と対物賠償保険は事故を起こしてしまった場合に支払われるお金はとても高額で、億単位の保険金が支払われることもあります。

事故1件につき3つダウンすることもあります。

例えば、現在9の人は1年間無事故で保険を使うことがなければ、来年は10になりますので、そこからさらに保険料が割引されることとなる。

事故を起こしてしまうと、3つダウンの事故内容であれば6になってしまうのである。

つまり、本来であれば来年10になるところを6に下がってしまうので、実際のところは4つのダウンともいえる。

次年度になっても上がりもせずに下がりもしない据え置きがある。

据え置き事故といわれており、火災、盗難、台風、落書き、いたずら、飛び石、窓ガラスの破損のみといった場合に保険を使うときは、据え置き事故といって前年と同じになる。

通常であれば無事故のときに次年度ひとつ上がるのですが、ノーカウント事故といって、搭乗者傷害保険や無保険車傷害保険、ファミリーバイク特約事故で保険金が支払われる場合は、事故とカウントされない扱いとなって、無事故の場合と同様に次年度で等級は1つ上がるのである。

注意しなければならない点ですが、継続契約時の適用等級は、3ランクダウンする事故と据え置きになる事故、1等級アップするじこの3種類あると考えておくことである。