Category Archives: 搭乗者傷害

契約の特色についてよく理解する

自動車保険における搭乗者傷害保険とは、被保険自動車に搭乗中に事故が起きた際、搭乗している人すべてが対象となる保険である。

搭乗者傷害保険に加入していると、被保険自動車に搭乗中の運転者や同乗者が事故によって死傷した場合に、決められた額の保険金を受け取ることができる。

死亡の場合は事故発生から180日以内の場合なら保険金全額を受け取ることができ、ケガの場合はその算定方法に従って決められた額の保険金を受け取ることができる。

ケガに関する保険金の支払われ方は、入院日数から算定する方法や、部位症状別に定められた金額が支払われる方法があるが、ほとんどの場合は部位症状別払いとなる。

自動車保険の中で、運転者や同乗者の損害に対する補償を行うのは、搭乗者傷害保険のほかに人身傷害保険もある。

そのどちらともが、被保険自動車に搭乗中の人の損害を補償するが、支払われる保険金の計算方法に違いがある。

人身傷害保険は、搭乗者傷害保険と異なり実際の損害額に対して保険金が支払われる。

また、人身傷害保険は搭乗者傷害に加えて、記名被保険者とその家族に限り、被保険自動車に搭乗中の事故以外の自動車事故の補償も対象となる。

そのため、バスやタクシー、他人の自動車など被保険自動車以外の車に搭乗中に事故によってケガを負った場合も保険金を受け取ることができる。

搭乗者傷害保険は、ほかの保険とは関係なく支払われるものであり、部位症状別払いの場合は、ケガの診断が確定すると即保険金が支払われるので、スピーディーに対応してもらうことが可能となる。

それに対して人身傷害保険は、事故の過失の割合に関係なく実際に生じた損害に応じた額の保険金が支払われ、ケガに対する治療費のみならず、交通費、休業損害や逸失利益の損害に対する補償などあらゆる損害に対しての補償を受けることができる。

相手側に対する損害賠償請求権を行使する権利が保険会社に移るので、保険金の請求先が自身の保険会社1社で済む。

このように自動車に搭乗中に事故に遭い、損害を被った場合に保険金を受け取ることのできる保険は、搭乗者傷害保険と人身傷害保険の2種類があるので、契約の際にはその特色についてよく理解しておく必要がある。

またケガを補償する保険は重複しがちになるので、自分や家族が現在どのような保険に加入しているのか、その補償内容の重複により無駄な保険料を支払っていないかを日頃からよく確認しておく必要がある。