万一他人に怪我を負わせてしまったらの為の保険

自動車保険における人身傷害とは以下の通りである。

人身傷害とは、自動車に関連する事故が発生した際、運転手である人や搭乗している人が死傷することをいう。

自動車保険においての人身傷害保障とは、過失の割合に関係なくケガの治療費や休業損害を補償するものである。

それらの損害に対しては保険金が支払われる。

具体的には、治療費についてはもちろんであるが休業している間の収入の減少についても補われ、精神的な損害にも支払われる。

ここで、誤解されがちなことがひとつあるので説明を加える。

より具体的に人身傷害という自動車保険について記しておくことにする。

搭乗者傷害保障をつけていない保険では、同乗者は補償されないと考えられがちであるが、それは間違いである。

契約している車においての人身傷害の補償というのは、その車に乗っている人が補償対象者となるのである。

すなわち搭乗者傷害保障をつけていなかったとしても、金額に上限はあるものの搭乗者も補償されることになる。

なお人身傷害という保険には二種類ある。ひとつは、車内車外ともに補償するものである。

もうひとつは車内のみ補償するというものである。

どちらも、搭乗中の人を全て補償する点では同じである。

しかし、車内車外ともに補償する場合に限っては、歩行中や自転車に乗っている時の事故も補償対象となる。

タクシーやバスのような公共の乗り物や他人の車両に乗っての自動車事故であっても補償される。

車内のみの補償の場合は、契約している車両に乗っているときのみである。

このように、車内車外ともに補償する場合と車内のみの補償では大きな違いがあるのである。

人身傷害という自動車保険は実に補償の範囲が広いということになるが、契約している車両に乗車中の時だけでなく、それ以外に乗車している場合や歩行中でも補償される場合があるという点については、極めて大きな特徴でもある。

更に人身傷害を補償する自動車保険の場合は、もうひとつ利点がある。

そのことも説明しておくとすれば、次の通りである。

加害者と被害者の間で、示談が成立する前の時点で、保険金が支払われることが可能であるため示談に煩わされるという不安が少なく済む点である。

いわゆる重度の後遺症が残る後遺障害を被ったり、介護や看護を必要とする場合、死亡という万一の場合を含めて考えてみるところである。

自動車保険は、自動車に乗る限り必要なものである。

いつ誰が、どのような場面でどのような立場になるか分からないからである。